環境に優しい

木質バイオマス燃料は地域の森林から得られる再生可能なエネルギーです。燃焼した際に発生する二酸化炭素は木が成長するさいにもともと大気中にあった二酸化炭素を吸収したもののため、実質的に二酸化炭素の量は増加しません(カーボンニュートラル)。

さらに木質バイオマスの利用が普及することで、これまではお金にならないため放置されていた荒廃した森林にも手が入ります。森が健康になることで、土砂災害の防止や水源のかん養といった森林の持つ多面的機能が向上し、私たちの生活にたくさんのメリットをもたらしてくれるでしょう。


財布に優しい

エネルギー当たりのコストを比較すると、薪であれば化石燃料の半額程度、破砕・圧縮を加えたペレット燃料であっても単価はほとんど変わりません。さらに木質バイオマス燃料は地域で調達可能なため、為替や海外情勢の影響を受けることなく価格が安定しています。


地域経済を活性化

化石燃料を使えばそのお金は海外の石油産出国に流れ出てしまいます。しかし木質バイオマス燃料は、地域の山で、地域の人が作るエネルギーです。燃料代は全て地域で働く人々の収入となるため、地域で働く場が増え、地域経済の活性化に貢献します。